三浦透子(なっちゃん)の歌唱力(ミノンCMソング)がすごい!所属事務所は?

三浦透子

女優の三浦透子(みうら とうこ)さんをご存知でしょうか?

ご存知ない方も二代目なっちゃんといえば、

わかる方もいるのではないでしょうか?

かわいらしいですね!

この時まだ6歳だそうです。

なんと2代目なっちゃんのオーディションには3000人も参加したのだとか。

そのオーディションを勝ち抜き、

2代目なっちゃんとしてサントリー「なっちゃん」のCMに出演し、

話題になりました。

この「なっちゃん」のCMが芸能界デビューとなります。

華々しいスタートをきった三浦透子さん

 

今回は、そんな三浦透子さんの魅力について迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

 

三浦透子プロフィール

三浦透子

画像出典:http://tegamiza13.sblo.jp/

  • 名前:三浦透子(みうら とうこ) 
  • 生年月日:1996年10月20日
  • 星座:てんびん座
  • 出身地:北海道
  • 血液型:B型
  • 身長:157cm
  • 職業:女優
  • デビュー年:2002年−  2代目サントリー「なっちゃん」(CM)
  • デビュー作:天才柳沢教授の生活 (フジテレビ)
  • 代表作品:
    • 2011年 鈴木先生 (テレビ東京)
    • 2015年 私たちのハァハァ (映画)
    • 2016年 燦々 (舞台)
    • 2017年 月子 (映画)
  • 主な出演作品
    • テレビ
      • 架空OL日記 
      • 時をかける少女 
      • 玉音放送を作った男たち 
      • 鈴木先生
    • 映画
      • 素敵なダイナマイトスキャンダル
      • 月子 
      • 私たちのハァハァ
    • 舞台: 燦々
    • ナレーション: グラジオラスの轍
    • CDアルバム:かくしてわたしは、透明からはじめることにした

 

やはり三浦透子さんといえば、

芸能界デビューのきっかけともなった「なっちゃん」でしょう。

2002年に芸能界デビューを華々しく飾り、

その年の10月には、

松本幸四郎(柳沢良則役)主演の

ドラマ『天才柳沢教授の生活』に

山口華子役でレギュラー出演を果たします。

2007年にテレビドラマ『チョコミミ』にレギュラー出演。

また、2011年のテレビドラマ『鈴木先生』でも、

個性の強い役柄で原作の持つ雰囲気を再現し、高評価を受けます。

 

三浦透子さんは、

当時を「恵まれた環境だった」と振り返っています。

 

三浦透子さんは、根っからの努力家なのでしょう。

子どもの頃なりたかった職業は?という問いに

1番になれるもんを仕事にしてやろうと思っていたので、

自分より得意な人が見つかる度にころころ変わっていました。

と述べています。

 

そんな三浦透子さん

まったく努力してこなかったわけではないのでしょうが、

運も味方し、CMデビューに、ドラマ出演と

トントン拍子に話が進むにしたがい

自分の女優としての実力に疑問を抱いたのか

中学3年生の進路を考えた時、

「売れる」ことを目標にするのではなく、自分が30代、40代になったときにちゃんと立っていられる女優になりたい

と女優として磨きをかけることを決意します。

 

そして、数多くのすばらしい役者を輩出している

現在の所属事務所へと移籍します。

 

三浦透子の所属事務所は?

三浦透子さんは、

2012年7月、エイベックス・マネジメントからユマニテに移籍します。

 

ユマニテはフランス語で

人間性、人間味、人情味という意味。

英語ではhumanity(ヒューマニティー)にあたります。

 

その名の通り、ユマニテは、

個性・人間力・演技力といったものを大切にしていて

個性的で人間味溢れる演技力のすばらしい役者を多く育てています。

 

現在では、三浦透子さんをはじめ、

満島ひかりさん

門脇麦さん

東出昌大さん

安藤サクラさん

岡山天音さん

岸井ゆきのさん

樋口可南子さん

などが所属しています。

個性的で演技力に定評のある方たちばかりですね。

ユマニテ公式ホームページ

 

スポンサーリンク

 

三浦透子の歌唱力がすごい!(ミノンCMソング)

三浦透子さんも個性派女優。

6日にスタートしたテレビ東京系「宮本から君へ」(金曜・深夜0時52分)でも、

難しい役柄のコンプレックスを抱える女性役で

存在感を遺憾なく発揮していて、

お芝居は楽しい。研究的な面白さと、アドレナリンが出るようなスポーツ的な面白さの両方がある

とコメント。

演じることにすっかりハマってしまっている様子です。

 

そして、

人間が分厚くなれば、女優としての成長にもつながる。

自分の「いい」や「悪い」を知って、その数を増やしていきたい。

と、人としての魅力も身につけ輝きを放ち、

その表現の世界を広げ続ける三浦透子さん

 

その表現の世界は、演技だけにとどまらず、

三浦透子さんの歌声にも魅力たっぷり。

その透き通る奥行きのある歌声はすごい!の一言。

 

そのすばらしさから、

CDアルバム「かくしてわたしは 透明からはじめることにした」を発売。

 

また、映画『ロマンス』のエンディングテーマや、

第一三共ヘルスケア「ミノン全身シャンプー」のCMにも起用され、

多彩な才能を発揮し続けています。

 

 

このCMの大島さんの演技のすばらしさもさることながら、

三浦透子さんの歌声に引き込まれてしまいます。

このタッグやばいですねw

 

この歌は、お母さんへの想いを綴った歌。

 

タイトルも「おかあさんへ

どんな時も笑顔でそばに寄り添ってくれたお母さん。

その存在すべてに勇気づけられ励まされ、

離れてしまったからこそ、

より気付かされるお母さんへの想い。

そんな想いを綴った歌です。

 

三浦透子さんのその歌声は、心に染み渡ります。

完全に魅了されてしまいます。

 

まとめ

演技を通して、身につけたその魅力は、

多彩に発揮され、人として輝きを放ち続けています。

今後の三浦透子さんが、どんな魅力を見せてくれるのか!?

目が離せません!

30代、40代になった時の三浦透子さんは、

女優として確立されているに違いありません。

今後の活躍に期待しています。

 

最後までご覧下さりありがとうございました。

スポンサーリンク