森優作の英語がすごい?二世説や過去の出演作やcmについても調査

森優作

「半分青い」で、主人公すずめ(永野芽以)の初デートの相手

新聞部の小林くんを演じた森優作さん。

どこかで見たことがあると思った人も多いのではないでしょうか?


そう、NHKの朝ドラ「べっぴんさん」の中西くんを演じていました。

今回はそんな森優作さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

 

森優作プロフィール

  • 名前:森優作(もり ゆうさく )
  • 生年月日:1989年12月4日
  • 出身地:大阪府
  • 身長:169cm
  • 血液型:A型
  • 職業:俳優
  • ジャンル:テレビドラマ、映画
  • 活動期間:2013年-
  • 事務所:鈍牛倶楽部

 

森優作さんが所属している事務所の鈍牛倶楽部は、

俳優のオダギリジョーさんが所属している事務所です。

実力派の俳優さんが多く所属しています。

 

森優作の英語がすごい?

森優作さんは、高校生の頃に通訳を志していたそうです。

17歳の時に3年間イギリスに留学しました。

高校生でイギリス留学なんて、かなり行動力がありますね!

そして、イギリスの大学に行くために、

Brittin college Manchester(ブリティン・カレッジマンチェスタ)を経て

見事、University of Sunderland(サンダーランド大学)に合格します。

 

その後、20歳で日本に帰国しますが、

イギリスの大学に留学しているだけあって

森優作さんの英語力はかなりのもので、

英検1級に相当するIELTS6.5を所持しています。

IELTSのイギリスの大学生の平均スコアが5.5~6.0というから驚きです。

森優作さんの英語力はネイティヴ以上ってことでしょうかw

大学での難しい英語の講義を聞いても理解できるレベル

ということは間違いなさそうです。

 

今後ハリウッドで活躍する姿がみれるかもしれませんね!

 

そんな森優作さんが英語でスピーチをしている動画がないか探してみたのですが、

残念ながら見つけることができませんでした。

英語を話す森優作さんも見てみたいですね!

スポンサーリンク

 

森優作二世説

そして森優作さんを調べてみると、二世説の噂が・・・

ということは、森優作さんの親は有名な方なのかなと思いきや、

二世だという確証ある情報はまったくありませんでした。

あまりにも大物俳優さんっぽい名前なので、

そこから勘違いが生まれたのかもしれませんね。

 

過去の出演作やcmについても調査

通訳を志していた森優作さんですが、

2013年から特定の事務所に所属せず芸能活動をはじめます。

はじめは映画「『また必ず会おう』と誰もが言った。」に出演。

戦争映画「野火」のオーディションでは無名ながら

主要キャストに大抜擢されます。

この映画は自主制作映画であり上映場所も限られていましたが、

かの有名なヴェネチア国際映画祭に出品されるなど、

国内外で評価を受け、森優作さんも注目されるようになりました。

 

「野火」の予告編に出ている森優作さんの動画がありましたので

ご覧ください。(1:00あたり)

まるでイメージが違いますよね?

「半分青い」の新聞部の小林くんを演じている

森優作さんしか知らない人からするとびっくりしますよね?

 

それだけ、役によってイメージを変えられる演技派ということでしょう。

 

その他にも、森優作さんの出演作品は、

【ドラマ】

2018 「執事 西園寺の名推理」

2018 連続テレビ小説「半分、青い。」

2017 土曜時代ドラマ「アシガール」

2017 「わにとかげぎす」

2017 NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」

 

【映画】

2017「ラストレシピ~麒麟の下の記憶~」

2017「浅草スマイル」

2017「トウメイの壁」

2016「太陽を掴め」

2016「シン・ゴジラ」

2015「野火」

2013「『また必ず会おう』と誰もが言った。」

に出演しています。

 

またCMでは、

買取王子最新CM「男性篇」

明治プロビオヨーグルトR-1 季節の変わり目「新社会人」編

全労済 全労済創立60周年 『未来を明るく』篇

に出演しています。

 

買取王子最新CM「男性篇」がこちら

 

 

全労済 全労済創立60周年 『未来を明るく』篇がこちら

 

まとめ

これだけ味のある演技ができて、

英語がペラペラとなると今後、海外作品にも出演するかもしれませんね。

森優作さん本人も世界で活躍できる俳優を目指しているそうですので、

今後の活躍が楽しみです。

朝ドラ主演でブレイクも期待できそうですね!

 

最後までご覧下さりありがとうございました。

スポンサーリンク