青木玄徳(仮面ライダー)不起訴処分の理由は?明らかにしない経緯はなぜ?

「仮面ライダーシリーズ」などに出演していた俳優が、

強制わいせつ傷害などの疑いで逮捕されましたが、

東京地検はこの男性を、

27日付で不起訴処分としたというニュースが流れてきました。

 

東京地検は、不起訴の理由を明らかにしていません。

なぜ不起訴となったのでしょうか?

また、検察はなぜ不起訴処分の理由を明らかにしないのでしょうか?

調べてみましたのでご覧ください。

スポンサーリンク

 

仮面ライダーシリーズなどに出演していた俳優とは?

今回の報道では実名を避け流されていました。

報道の内容によると、

仮面ライダーシリーズなどに出演していた俳優の男性(30)は、

先月、東京・世田谷区の路上で30代の女性の胸を触ったうえ、

首などにけがをさせたなどとして、

強制わいせつ傷害などの疑いで逮捕されました。

男性は女性と面識はなく、当時、酒に酔っていたということです。

 

この内容から、仮面ライダーシリーズなどに出演していた俳優の男性は、

青木玄徳さんで間違いないでしょう。

 

青木玄徳さんは、

2018年3月4日深夜に世田谷区太子堂の歩道で信号を待っていた女性に

背後から抱きつき、

女性の胸を触って首や腰に10日間の怪我を負わせたとして、

強制わいせつ致傷容疑で警視庁世田谷警察署に逮捕されています。

容疑を認めていて「酒に酔って気が大きくなってやってしまった」と供述しています。

また、

同月20日、同じく3月4日深夜に30代女性を突き飛ばし、

スカートの中に手を入れようとしていたとして、

強制わいせつ未遂の疑いで再逮捕されました。

周囲の防犯カメラには4人の女性に抱きつくなどした様子が映し出されており、

青木玄徳さんは、

久しぶりの休みなのでテンションが上がりそんな気になった

酒に酔っていて覚えていない

と供述しています。

 

これが事実だとすれば、やりたい放題ですね。

テンションが上って、お酒を飲んでって、ありえません

 

被害にあわれた女性の方は、そうとう驚いたことでしょう。

突然背後から襲われたりしたら、

恐怖でしかないですよね。

肉体的なダメージも大きいことでしょうが、

精神的なダメージも相当なものでしょう

 

この件がトラウマになって夜外出することすらできなくなるかもしれません。

 

青木玄徳不起訴処分の理由は?

報道によると、

27日付で不起訴処分が決定しました。

なぜ、逮捕され、

本人も罪を認める供述をしたにもかかわらず不起訴処分となるのでしょうか?

そこで、不起訴処分とはどういう意味なのでしょうか?

検察官が公訴を提起しない処分をすることをいう。

(1)被疑事件が罪とならないとき、または事件について証拠が不十分であるとき、

(2)免訴の判決、公訴棄却の決定、公訴棄却の判決の各事由にあたる場合のように、公訴の要件を満たさないとき、

(3)犯人の性格、年齢および境遇、犯罪の軽重および情状ならびに犯罪後の情況によって訴追を必要としないとき、 に行われる。

(3)の場合をとくに起訴猶予といい、これは起訴便宜主義(検察官の裁量による起訴猶予を許すこと)をとる場合に初めて認められる。

とされています。

不起訴の理由はこの3つのうちのどれかにあてはまります。

スポンサーリンク

 

明らかにしない経緯はなぜ?

検察が不起訴処分の理由を明らかにしない経緯は、

どのような場合に多いのでしょうか?

 

不起訴処分の理由を明らかにしなければならないのは、

「告訴人、告発人又は請求人の請求があるとき」に限ります。

それ以外の場合には、不起訴理由を明らかにする必要はありません。

 

請求がなければ、不起訴処分の理由を公に明らかにする必要がありません

一般には公開してないだけで本人には不起訴になったその旨と理由は告げられています。

 

 

かなり悪質な事件だけに、しっかりと罪と向き合って、

その罪を償ってほしいものです。

 

 

最後までご覧下さりありがとうございました。

スポンサーリンク