スウェーデンアカデミーの女性メンバーの夫(セクハラ疑惑)って誰?

衝撃的なニュースが飛び込んできました。

ノーベル文学賞の選考をする権威あるスウェーデン・アカデミーが混乱状態に陥っていて

2018年のノーベル文学賞の発表ができない状態にまでなってしまっているということです。

なんでも、事の発端はアカデミーの女性メンバーの夫によるセクハラや性的暴行疑惑などのスキャンダル

 

今回のこのスキャンダルで、

アカデミーの対応に反発したメンバーが相次いで辞意を表明する事態に発展し、

メンバー18人のうち、すでに8人が活動を停止する異例の状態で、

通常の運営すらできない機能不全に陥ってしまっているんだとか。

 

でも気になるのが、問題を起こしたのはアカデミーの女性メンバーではなく、その夫

まったく無関係とは言えませんが、アカデミーの女性メンバーも被害者と言えば被害者なんじゃないの?と思ってしまうのですが・・・

 

そこで今回は、セクハラ疑惑の疑いをかけられているのは誰なのか?

なぜその妻のアカデミーの女性メンバーの処遇を巡って、

スウェーデンアカデミーのメンバーが相次いで辞任してしまったのか?

調べてみましたのでご覧ください。

スポンサーリンク

 

スウェーデンアカデミーの女性メンバーの夫(セクハラ疑惑)って誰?

セクハラ疑惑が浮上したのは昨年11月のスウェーデン紙の報道。

今回の問題を受け2018年4月にすでに辞任しているアカデミーの女性会員のカタリーナ・フロステンソンさんの夫、

フランス出身の芸術家ジャン・クロード・アルノー氏に対し

女性18人が性犯罪被害などを告発したというものです。

 

画像出典:http://www.purepeople.com/

ジャン・クロード・アルノー氏とカタリーナ・フロステンソンさん

 

ジャン・クロード・アルノー氏は、

アカデミー会員や会員の妻や娘

職員計18人の女性に対して性的関係を迫るなどのセクハラを繰り返していた

というのです。

97年にアルノー氏からセクハラを受けたと

若い女性がアカデミーに告発しましたが、

残念ながらその時はそのまま放置されてしまったそうです。

 

そして今回の件が公になるきっかけになったのが、「#MeToo」運動

ハリウッドの大物プロデューサー、

ハーヴェイ・ワインスタイン氏が長年、

映画界での影響力を行使して複数の女優に性的関係を迫っていた事件がきっかけになり、

ツイッターでセクハラを追放する「#MeToo(私も)」運動が世界中に広がりました。

 

この運動のお陰で、

スウェーデン・アカデミーでも昨年11月、

地元主要紙ダーゲンス・ニュヘテルによってセクハラ疑惑が報じられ、

ジャン・クロード・アルノー氏のセクハラ行為が公になりました。

 

なぜ妻のカタリーナ・フロステンソンさんも処分を受けるの?

そこで不思議なのが、

問題行為を起こしたのはジャン・クロード・アルノー氏で

奥さんのカタリーナ・フロステンソンさんも被害者なんじゃないの?って思うのですが、

なんと

カタリーナ・フロステンソンさんは、

夫のジャン・クロード・アルノー氏に文学賞の受賞者を漏らしてしまっていたのです。

これだけでも大問題なのですが、

ジャン・クロード・アルノー氏はスウェーデン・アカデミーから巨額の資金援助を得て、

文学フォーラムを運営していました。

そして、ジャン・クロード・アルノー氏は

自分の影響力を笠に着て

このフォーラムで女性たちに関係を強いる一方で、

告発しないよう抑え込んできたそうです。

 

ジャン・クロード・アルノー氏は、

スウェーデン・アカデミーから得た情報と金で

影響力を持ち、悪さを働いていたのですから

これは大問題です!

スポンサーリンク

 

スウェーデン・アカデミーメンバーが次々と脱退

スウェーデン・アカデミーはこのスクープを受け

ジャン・クロード・アルノー氏との関係を一切断ちました。

ですが、ジャン・クロード・アルノー氏にかけられた疑惑は、

証拠不十分として警察の捜査が打ち切られるなどしています。

ジャン・クロード・アルノー氏や当局者はすべての疑惑を否定しています。

その状況の中、

奥さんのカタリーナ・フロステンソンさんの処分です。

スウェーデン・アカデミーは、妻のカタリーナ・フロステンソンさんを追放しないことを決めます。

 

しかし、スウェーデン・アカデミーのこの方針を受けて、

ジャン・クロード・アルノー氏への厳しい対応を求めていた

3人のスウェーデン・アカデミー・メンバーは受け入れられないとして

辞任を表明。

ダニウス事務局長も混乱の責任を取る形で辞任するなど

前代未聞の混乱に陥ってしまいました。

そして、定員18人のアカデミー会員は事実上10人まで減り

機能停止状態になっています。

 

まとめ

権威あるスウェーデン・アカデミーで起きた前代未聞のスキャンダル。

泥沼化してしまったスウェーデン・アカデミーの信頼を回復することができるのでしょうか?

 

それにしても、ジャン・クロード・アルノー氏にかけられた疑惑が真実だとすると

なんとも末恐ろし限りです。

 

 

最後までご覧下さりありがとうございました。

スポンサーリンク