前田裕二(showroom)の年収や経歴は?イケメンで大学は早稲田

なんとあの石原さとみさんに熱愛報道が飛び込んできました

 

石原さとみさんは、ゴールデンウィーク直前に彼氏と思われる男性と沖縄旅行を楽しんでいたのだとか。

なんでもそのお相手はIT企業の若手社長

 

しかもこの社長がイケメンで経歴がすごい!

秋元康氏や堀江貴文氏らも絶賛する若手起業家とのことです。

 

 

今回はそんなスーパー起業家の年収経歴を調べてみました。

実は弾き語りもできる超好青年です。

スポンサーリンク

 

石原さとみの新恋人?

女優の石原さとみ(31)が、IT企業「SHOWROOM」の代表取締役社長・前田裕二氏(30)とゴールデンウィーク直前に2人で沖縄県を旅行していたことがわかった。

前田氏は2013年11月、株式会社DeNAでライブ配信サービス「SHOWROOM」を立ち上げ、15年に事業をスピンオフする形でSHOWROOM株式会社を設立。秋元康氏や堀江貴文氏らも絶賛する若手起業家だ。

2人は4月22日(日)、沖縄県・石垣島に到着。翌日からは竹富島の高級リゾートホテルのコテージで2泊した。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

スクープ報道によると2人は4月22日(日)、沖縄県・石垣島に到着。

その翌日からは竹富島の高級リゾートホテルのコテージで2泊しています

 

石原さとみさんはジャニーズの山下智久さんと破局したばかりですが、

沖縄旅行で連泊ともなると2人は完全に付き合っているのは確実そうですね!

 

 

はたして石原さとみさんを落としたスーパー起業家の前田裕二さんとは

一体どんな人なのでしょうか?

 

 

前田裕二のプロフィール(学歴や経歴)

  • 名前: 前田裕二(まえだ ゆうじ)
  • 生年月日:1987年6月23日
  • 出身地:東京都
  • 出身校:早稲田大学
  • 職業:実業家
  • 肩書き:SHOWROOM株式会社代表取締役社長

 

前田裕二さんは、

2015年にSHOWROOM株式会社を立ち上げたかなりのやり手の起業家です。

 

前田裕二さんは、1987年東京生まれ。

2010年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、外資系投資銀行のUBS証券会社に入社しています。

 

2011年からニューヨークに移り、

北米の機関投資家を対象とするエクイティセールス業務に従事し、

ビジネスマンとしての実力を発揮し、若くして頭角を現します。

株式市場において数千億〜兆円規模の資金を運用するファンドに対してアドバイザリーを行っていました。

 

その後、0→1の価値創出を志向して起業を検討し始めたそうです。

事業立ち上げについて、就職活動時に縁があったDeNAのファウンダーの南場智子さんに相談したことをきっかけに、

2013年5月にDeNAに入社。

同年11月に仮想ライブ空間「SHOWROOM」を立ち上げます。

これが、前田裕二さんが立ち上げたSHOWROOM株式会社の基盤となります。

 

そして、ソニー・ミュージックエンタテインメントからの出資を受け、合弁会社化し、

現在は、SHOWROOM株式会社・代表取締役社長として、SHOWROOM事業を率いています。

 

 

かなりすごいですね!

若干27歳にして会社を立ち上げてしまったのですから。

 

前田裕二がイケメン

画像を見ても分かる通り前田裕二さんはかなりのイケメンです。

ネットの声でも前田裕二さんのイケメンの声が多数

ネットでは前田裕二さんルックスの良さだけではなく、

頭の良さや実業家として実力など

羨む声が多かったですw

 

しかも、前田裕二さんのすごいところはルックスや頭の良さだけじゃないんです!

歌もかなり上手なんです!

 

 

前田裕二の年収はいくら?

そこで気になるのが、

やはりやり手の前田裕二さんの年収ですよね?

果たしていくらなのか?調べてみました。

 

残念ながら前田裕二さんの年収はわかりませんでしたが、

2013年のデータですが、

起業家の平均年収を調べたところ、

従業員数が300人未満の会社の社長は3109万円が平均だそうです。

 

前田裕二さんのSHOWROOM株式会社の企業情報をみると、

現在の従業員数は88名(2018年4月末時点)

統計で判断すると、3000万前後ですが、

前田裕二さんは、今もっとも勢いのある若手社長。

もっと稼いでいる可能性がありますね!

 

仕事にプライベートにと充実させている前田裕二さん。

なんとも羨ましい限りです。

 

今回は、石原さとみさんと熱愛報道された前田裕二さんについて調べてみました。

 

 

最後までご覧下さりありがとうございました。

スポンサーリンク