内田前監督と井上コーチの緊急記者会見の司会者はだれ?早く帰りたかった?

日大アメフトの内田前監督と井上コーチが23日

緊急記者会見をおこないました。

あまりにもお粗末な会見内容だったため、

ネットでは炎上騒ぎとなる始末。

 

そして、もう一つ話題となったのが、

会見の進行を務めた司会者に注目が集まりました。

 

今回はこの記者会見の司会者はだれなのか?

調べてみましたのでご覧ください。

 

内田前監督と井上コーチの緊急記者会見の様子はこちらの記事をご覧ください。

【動画あり】内田前監督と井上コーチ緊急会見

 

スポンサーリンク

 

内田前監督と井上コーチの緊急記者会見の司会者はだれ?

なぜこの司会者がネットで話題となったのかというと、

記者会見を打ち切ろうとするこの司会者と報道関係者の間でのやりとり

報道陣約250人が集まり、午後8時から始まった会見で2人は「(反則の)指示はしておりません」と22日に会見した日大当該選手と異なる説明を続けて約90分が経過。司会の男性が「同じ質問が繰り返されているので会見を打ち切ります」と切り出した。これに一部出席者から「納得できない」「刑事事件にもなっている」と不満の声を上げた。

「もうやめてください」と強引に会見を打ち切ろうとする司会者。これに対し、報道関係者の一人が「日大のブランドがあなたの発言で落ちている」と指摘すると、司会の男性が「落ちません」と応酬し、場が混乱した。その後も釈明会見は延々と続いた。

引用元:https://www.daily.co.jp/

 

記者会見の司会を務めたのがこの人。

 

ネットではこのやり取りに対して

この司会者は日大の広報担当理事との情報がありました。

そして、会見の司会を務めたのは日大広報部の米倉久邦氏と判明。

 

米倉久邦氏についての記事はこちらをご覧ください

米倉久邦(日大緊急記者会見の司会者)学歴や経歴は?強気な態度は昔から!

 

 

スポンサーリンク

仕切に会見を終わらせようとしていた理由は?

仕切に会見を終わらせようとしていた理由は、

早く帰りたかったから?

そんなワケないでしょうが、

強引なまでの打ち切りの仕方がひどかったですね。

その様子はニュースにまで取り上げられました。

会見終盤には、詳細に話を聞こうとする報道陣に対し、司会を務めた白髪の広報部員男性が「これだけ聞いたら十分です」と会見を終わらせようとし、紛糾。回答しようとする内田前監督が「あの…」「よろしいですか…」と発言するも、司会者の勢いは止まらなかった。  中盤で、詳細に質問を重ねて応答を重ねた質問者に、司会者が「やめてください、やめてください、一人で何個も聞かないでください。やめてください、他にも聞きたい方はいっぱいいるんです」「やめてください、打ち切りますよ会見!」と制したあたりから、報道陣とぶつかるシーンが頻発した。  途中で「同じような質問です」「これで会見を打ち切ります」と一方的に宣言する場面もあった。  終盤はたびたび司会者が発言するシーンが続き「これで会見を終わります」「記者会見これで終わります」「十分に聞きました」「これだけ聞いたら十分です」と会見を終えようとした。  報道陣が「違う質問をします」と言うと「違うのを言えばいいもんではありません」。  さらに報道陣から「会見はみんなみてますよ」とただすと「見てても、見てなくてもいいんですけど」と譲らず。  「司会者のあなたの発言で日大のブランドが落ちてしまうかもしれませんよ」と抗議されると「落ちません」。  「おふたりが、やめてくれとおしゃるならやめます」と言われると「おふたりがやめると言うことはないです」。  「これで終わりにします」「やめてください」「さっきから、しつこい」と、異例の司会が続いた。

引用元:デイリースポーツ

 

 

内田前監督と井上コーチの緊急記者会見の様子はこちらの記事をご覧ください。

【動画あり】内田前監督と井上コーチ緊急会見

 

 

最後までご覧下さりありがとうございました。

スポンサーリンク