MAGUS(メイガス)イケメンマジシャンのプロフィール!本名や年齢が判明?!

MAGUS(メイガス)さんをご存知でしょうか?

超イケメンのマジシャン!

その肩書は、イリュージョニストであり、西洋奇術史研究家であり、マジッククリエイター。

マジシャンって呼び方は古いのかな?

 

とにかくメイガスさんのイリュージョンがすごいんです!

百聞は一見にしかず。

まずは観てみましょう!

 

 

人が宙に浮くってどうやって?

メイガスさんに頼めば、浮遊体験ができそうですねw

 

今回は、そんなイリュージョニストのメイガスさんに迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

 

MAGUSのプロフィール

  • 名前:MAGUS(メイガス)
  • 生年月日:非公開 8月27日
  • 出身:北海道函館
  • 血液型:O型
  • 学歴:武蔵野美術大学造形学部油絵学科(1995年卒業)
  • 身長:180㎝
  • 体重:65㎏
  • 職業:マジシャン・イリュージョニスト
  • 所属:The Academy of Magical Arts(マジック・キャッスル マジシャン・メンバー)兼ビヨンド・ザ・マジック代表取締役

 

かなりのイケメンで高身長!

これは人気がでるのもうなずけます。

ですが、年齢や本名など謎が多いですね〜。

 

ちなみに、メイガスとは、 古代ゾロアスター教の司祭、

キリストの誕生を予言した東方の3博士を表すMagiに由来するそうです。

Magic(マジック)の語源ともなっていて、

魔術師、魔法使いを意味します。


名前の付け方もセンスあってかっこいいですね!

 

メイガスさんは、小さい頃からマジックを始め、

小学生のときには、すでに友達のハンカチから

ペットのインコを出現させることができるほどの実力を持っていました。

 

そして、

1988年、オーストラリア建国200年祭にて2000人の観衆の前で初舞台を踏んでいます。

1995年に武蔵野美大を卒業との情報がありますので、

メイガスさん、このとき中学生から高校生にかけてのことですね。

若くしてすでに世界の舞台を踏むなんてすごいですね!

 

そんなメイガスさんですが、

テーブルマジックから、

種も仕掛けもない本物の危険術、

読心術や予言等のメンタリズム全般、

解錠術を駆使した脱出技、

さらには、本物のハーレー・ダビッドソンが出現するメガ・イリュージョンまで多岐に及びます。

 

特にイリュージョンの分野では第一人者と言われ、

世界27ヶ国のマジシャンをクライントに持っているほど。

 

メイガスさんが制作したワインボトルマジックは

ボトルマジックの歴史上、最も美しい用具と評価を受け、

『奇術用具のロールス・ロイス』 と称賛されています。


メイガスさんは

「自分を世界一のマジシャンとは思わないが、自分が製作した用具は間違いなく世界一である」

とコメントしています。


そして、

世界最大のマジック団体IMSが

世界で最も活躍したマジシャンに与える『マーリン・アワード2018』 を贈っています。

 

さらに、日本のマジック賞『ジャパン・カップ2018 マジシャン・オブ・ザ・イヤー』

も2冠達成するほどの偉業を成し遂げています。

 

現在、名実ともに日本を代表する世界的なイリュージョニストの地位を築いています。

スポンサーリンク

 

本名や年齢が判明?!

さすが、奇術師のメイガスさん。

メイガスさんに関しては謎だらけです。

本名と年齢は非公開であり、

確証たる情報はまったくありませんでした。

 

ですが、年齢に関しては、1995年に大学を卒業していますので、

現在、40代半ばから後半でほぼ間違いないでしょう。

 

メイガスさんも加齢を気にしてか

こんなコメントをされています。

でも、40代にはまったく見えません!

30代でも通用するんじゃないかなぁ〜?

 

また、確証はありませんが、

ネット上では、本名がハナダダイスケではないかと言われていますが、

 

う〜ん、なんかイメージと違うw

 

まとめ

メイガスさんはただのイケメンというだけでなく、

日本が誇れる世界に通用する素晴らしいマジシャンでした!

しかも、若く見える!

 

まだまだメイガスさんは進化していくとおっしゃっています。

どんどん若返っていくかもしれませんねw

今後の活躍がすっごく楽しみです。

 

 

最後までご覧下さりありがとうございました。

スポンサーリンク