石井杏奈の過去の出演ドラマ一覧!広島で事務所とトラブルや現在太ったとも?

石井杏奈さんをご存知でしょうか?

 

石井さんは、女優業もこなしながらE-girlsのパフォーマーとしても大活躍しています。

石井杏奈さん本人もメチャクチャ人気ですが、

E-girlsもすごい人気がありますよね。

 

いやぁ〜、歌もダンスもかっこいい!

人気があるのもうなずけますよね。

 

E-girlsのメンバーは、モデルや女優としてソロ活動もこなしています。

石井さんもその一人。

2012年に女優デビューすると、

CMに映画にドラマにと引っ張りだこの石井さん。

またたく間にブレイクします。

 

今回は、そんな石井さんについて過去の出演ドラマを中心にまとめてみましたのでご覧ください。

スポンサーリンク

 

石井杏奈のプロフィール

石井杏奈さん(@anna_ishii_official)がシェアした投稿

  • 名前:石井杏奈(いしい あんな)
  • 生年月日:1998年7月11日
  • 出身地:東京都
  • 身長:163cm
  • 血液型:O型
  • 趣味:ドラマ、映画鑑賞
  • 所属:LDH JAPAN

 

石井さんは、小学2年生からダンスを始め、

小学5年生の時に現在所属する事務所LDHが手掛けているダンススクール

EXPG STUDIOにスカウトされ

2010、11年のEXILEのツアーにも参加しています。

ちなみに、LDH JAPANはEXILEなどが所属する有名事務所。

 

早くから才能を見出された石井さんは、

EXILEのリーダーでLDH社長のHIROさんのお墨付き。

EXILEのシングル「RISING SUN」のPVにも出演しています。

(0:06、0:45あたり)

 

同時に、2010年、雑誌「ニコ☆プチ」モデルとしてもデビュー。

2011年にLHD主催の「VOCAL BATTLE AUDITION 3 〜For Girls〜」のダンスパフォーマンス部門に合格し、

LDHに所属する中学生以下のメンバーで構成された

E-girlsの妹分的なグループbunnyのメンバーとなりダンサーとして活動します。

 

そしてすぐにその才能が認められて、E-girlsとしても活動を開始しています。

このとき石井さんは、まだ中学2年生の14歳。

このときの石井さん、初々しいくて小麦色の肌をしていますねw

 

そして、この年に、

多くのアイドルや女優を生んだ、スターへの登竜門といわれる

『ポカリスエット』のCMのオーディションに合格し、

一気に女優の道を駆け上っていくこととなります。

 

ポカリスエットのCMの石井さんの起用は、

ダンスがうまかったから選ばれたわけではなく、

ダンスというよりも、フレッシュな存在感と将来性の高さを買われたとのことです。

 

このCMは、石井さんの笑顔がとっても印象的ですごく記憶に残っています。

 

また、『ポカリスエット』のCMの前には、

すでに『私立バカレア高校』(日テレ系)で連ドラに初出演したほか、

2013年に公開される国分太一さん主演映画『だいじょうぶ3組』にも出演が決定していました。

そして、CM、映画、ドラマとその人気が爆発します。

 

石井杏奈の過去の出演ドラマ一覧!

これまでのドラマの出演回数は10回。

そのうち主演を2回務めています。

 

私立バカレア高校

ドラマ初出演となったのがこちら

私立バカレア高校 第1話(2012年4月14日、日本テレビ)

ジャニーズJr.とAKB48の共演でとても話題になったドラマでしたよね!

(7:13あたり)

 

このときは、ちょい役でしたが、

セリフもしっかりあって、今考えるとかなり激レアですよねw

 

 

パパドル!

そして2作目が、

パパドル! 第4話 ルイ役(2012年5月17日、TBS)


実在の人気アイドルの関ジャニ∞の錦戸亮さんが一般人のシングルマザーと極秘婚をし、

その裏で起こる騒動を描いたもの。

関ジャニ∞メンバーをはじめとしたタレントが本人役で多数出演するほか、

TBSの他の番組とのコラボレーションも行われていたことでも話題になりました。

 

しかしながら、今回もちょい役。

ルイという名のストリートダンサー役を務めました。

動画がなかったのが残念。

 

GTO

GTO 浅野麻由子役(2012年7月 – 9月、関西テレビ)

(7:02あたり)

 

GTO その他の作品

  • 秋も鬼暴れスペシャル(2012年10月2日)
  • 正月スペシャル! 冬休みも熱血授業だ(2013年1月2日)
  • 完結編〜さらば鬼塚! 卒業スペシャル(2013年4月2日)

 

GTOでは、石井さんは、浅野麻由子(あさの まゆこ)という、

裏表のある問題児という難しい役を演じました。

このドラマではしっかりとした石井さんの演技が見られ、

役者としての存在感を出した作品となりました。

 

Piece

Piece 第1話 なつき 役(2012年10月6日、日本テレビ)

GTOと同年の出演作品。

主人公の同級生、皓(ひかる)の高校時代の彼女といった、あまり出番の多くない役でした。

 

 

2013年は、高校受験が控えていたため、ドラマの出演は控えていたようです。

 

恋文日和

恋文日和 第3話 主演・安積サワコ 役(2014年1月21日、日本テレビ)

ラブレターを題材にしたオムニバス作品で、

ドラマでも毎回、ラブレターにまつわる女子高生のせつないラブストーリーが展開される。

E-girlsのメンバーが週替わりで主役を務めたことでも話題になりました。

 

石井さんは3話目の、「LETTER3 キミに読む手紙」で

目が不自由な安積サワコを演じました。

 

これまでに培われた演技力に磨きがかかり、

難しい役どころながらしっかりと演じ、

この作品以降、女優として地位を確固たるものにしていきます。

 

LIVE! LOVE! SING! 生きて愛して歌うこと

LIVE! LOVE! SING! 生きて愛して歌うこと 主演・水島朝海 役(2015年3月10日、NHK)

 

この作品は石井さん演じる福島出身で神戸に避難している高校生の朝海(あさみ)が

同じ被災者である仲間と共に、

小学生の時のタイムカプセルを開けるため、立ち入り制限地区へ旅するといった物語。

東日本大震災だけでなく、阪神・淡路大震災も取り上げ、二つの震災を乗り越える

ドラマながらドキュメンタリーの要素も含まれていました。

 

石井さんは

福島で女子高校生との触れ合いがあったんですが、(ドラマ同様に)福島出身ということを言いたくないと言っていました

と実際の被災者の思いに複雑な心境を明かしています。

 

そして、翌年の1月に特集ドラマに約26分のカットを追加した再編集版も映画上映されました。

この作品とほぼ同時期に放映された

映画『ソロモンの偽証 前・後編』と初主演映画『ガールズ・ステップ』でブルーリボン新人賞を受賞します。

石井さんは、名実ともに女優としての地位を確立します。

 

 

仰げば尊し

仰げば尊し 有馬渚 役(2016年7月 – 9月、TBS)

仰げば尊しのオフショット。

石井杏奈さん(@anna_ishii_official)がシェアした投稿

オフショットと言えば、出演者によるこんな動画も。

 

このメンバーなら、かなり楽しい撮影現場になったのではないでしょうか?

 

石井さんは、このドラマを通してさらに女優として磨きがかかっていきます。

共演した方についてこう語っています

ドラマの現場では、樋熊先生役の寺尾さんのほかすごい豪華なキャストの方がいらして毎回刺激もらっています。寺尾さんの人柄というか人間性というか、すごい素敵で気さくな方で、いろいろお話させていただく中で、やっぱりお芝居が好きだなと思うことがたくさんあります。

引用元:http://www.tbs.co.jp/

 


そして、石井さんはこのドラマに対する想いについても

内容的にも感動する熱いドラマだと思いますが、初めての顔合わせのときに監督が言った言葉がすごく印象的で、「日曜劇場の枠という事で、みんな1週間の締めくくりをここでするかもしれない、このドラマを見て1週間こんなことがあったなと見るかもしれない。でもこの仰げば尊しを見て、よしまた明日から1週間頑張ろうと思ってもらえるような、そんなドラマにしたいね」と、お話しされていたのですが、それを聞いて自分が台本を読んで背中を押されたように、自分もここで渚としてちゃんと生きて、映像を通して観ている人の背中を押さなきゃいけないんだなという使命感みたいな、そういうのもすごく感じました。 何か感じてもらえるような作品だと思うので、たくさんの人に観ていただけるように、しっかり物語の色を出せるように頑張りたいと思っているので、ドラマを楽しんでいただければ嬉しいです。

引用元:http://www.tbs.co.jp/

日曜日の夜に石井さんから元気をたくさん貰えたこの作品。

このドラマで石井さんを知った人も多いのでは?

 

まだ見ていない人は、今からでも遅くありません。必見です!

 

 

お母さん、娘をやめていいですか?

お母さん、娘をやめていいですか? 後藤礼美 役(2017年1月 – 3月、NHK)

石井杏奈さん(@anna_ishii_official)がシェアした投稿

石井さんが演じたのは、波留さんが演じる女教師の美月の生徒、後藤礼美という女子高生。

家庭環境に問題を抱え、たびたび授業をさぼっては保健室に入り浸り、美月を悩ませます。

 

このドラマは、家族の捉え方がとてもリアルに描かれています。

特に家庭での父親または夫としての姿がリアル。

各家庭では、父親また夫は母子の間にはなかなか介入しません。

何も無いときはそれでもいいのでしょうが、問題があれば関わって欲しいというもの。

真面目で浮気もギャンブルもしない。DVでもないが家族に関わってこない。

一見、人としてなんの問題も無いように思えても家庭では機能していない。

そんな様子がよく描かれている作品に仕上がっています。

一方で距離が近くなりすぎた母と子は苦しみます。

ドラマの最終回では、母と娘が親子という役割に縛られていた事に気付き、

その縛られた役割から降りる事で家族の関係性を再構築していきます。

母親のそれまでとは違う表情と娘の一筋の涙が、とてもよい作品です。

 

 

嘘なんてひとつもないの

嘘なんてひとつもないの 山崎真琴 役(2017年3月、NHK BSプレミアム)

子役から活躍するベテランの須賀健太さんとW主演で注目を浴びた作品です。


須賀さん演じる引きこもりの青年と、

石井さんが演じる嘘ばかりつく美少女との交流を描くヒューマンドラマです。

石井さんの魅力がたくさん引き出された、見どころたっぷりのドラマに仕上がっています。

DVDも発売されています。

 

 

ほんとにあった怖い話

ほんとにあった怖い話 〜夏の特別編2017〜「影女」 彩美 役(2017年8月19日、フジテレビ)

石井さんと杉咲さん、演技派のふたりの豪華共演ってことでも注目されましたよね!

ホラーというよりミステリー的な感じの作品。

ネタバレになってしまいますが、

生霊を演じた石井さんの可愛さと迫力ある怖さがたまらないです。

 

 

チア☆ダン

チア☆ダン 桐生汐里 役(2018年7月 – 、TBS)

そしてなんと言ってもこれ。

今メチャクチャ話題になっていますよね!

 

石井杏奈さん(@anna_ishii_official)がシェアした投稿

石井さんは、今や女子学生を演じさせたらその右にでる役者はいないんじゃないかというくらい

はまり役ですよね。

 

このドラマは、広瀬すずさん主演の

「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」をドラマ化。

映画版の数年後を舞台とする物語です。

 

石井さんのE-girlsで鍛えたダンスが見られるのも楽しみの一つですよねw

 

チアダンに対する石井さんの意気込み!

 今回演じさせて頂く汐里という役は、自分のチアダンスへの思いにみんなついてきて!とグイグイみんなを引っ張って行くリーダーです。なので、撮影までに役をきちんと作って挑みたいと思います! このドラマのみんなで同じ目標に向かって進んでいく姿は、きっと一生懸命に頑張っている人や、学生のみなさんの心に響く素敵な作品になると思うので、凄くワクワクしています!

引用元:https://natalie.mu/

 

石井さんの新たな一面が発見できそうな作品ですよね!

 

 

広島で事務所とトラブルや現在太ったとも?

そんな石井さんですが、

石井杏奈さんをネット検索すると

意外にも広島事務所トラブルといったワードが表示されます。

ムムムッ!

そして太ったといったワードまで・・・

 

これは聞き捨てならないと出処を調べてみることにしました。

 

すると、「石井杏奈」さんという同姓同名の歌手の方がいるようで、

その方が広島出身で過去に事務所との間でトラブルがあったとのこと。

 

ハァ~、びっくりしましたw

まさか、石井さんが事務所トラブルなんて起こすハズがないですからね!

 

ですが、石井さん、広島とは無関係のようで、

けっこう関係があるんですよ!

 

石井さんが主演を務めた映画

『スプリング、ハズ、カム』で見事な広島弁を披露しています。

 

石井さんのナチュラルな演技と広島弁がすごく涙を誘いましたよね。

これもすごくいい作品ですので、ご覧になってくださいね!

 

で、最後の太ったというワード。

これは説明はいらないかなw

 

まとめ

いかがでしたでしょうか!

女優、石井杏奈さん。

その魅力が伝わったでしょうか?

今後もCMに映画にドラマにとその活躍の場をどんどん広げていってくれることでしょう。

これからも楽しみですね!

 

 

最後までご覧下さりありがとうございました。

スポンサーリンク