草刈正雄はハーフですか?本名を隠すのはなぜ?若い頃に資生堂のCMで大ブレーク!

草刈正雄さんといえば、ドラマに映画、舞台にと大活躍されている名俳優。

ほんと渋くてカッコいいですよね!

 

2016年1月10日から同年12月18日まで放送された

NHK大河ドラマ第55作の『真田丸』(さなだまる)では、

主人公の真田幸村の父、真田昌幸(さなだ まさゆき)を演じ、

助演男優賞を受賞されるなど役者としての評価も高く、

バラエティ番組やCMにも数多く出演されていますので、

知らない人はいないといっても過言ではないでしょうか?

 

そんな国民的大俳優の草刈正雄さんですが、

意外にもハーフ?や本名は?で検索している人が多いようです。

 

そこで、今回は草刈正雄さんについて調べてみました。

 

関連記事はこちら

ドラマ68歳の新入社員パクリ?!映画マイインターンとの徹底比較

スポンサーリンク

 

草刈正雄プロフィール

 

  • 名前:草刈正雄(くさかり まさお)
  • 生年月日:1952年9月5日
  • 出身地:福岡県小倉市(現:北九州市)
  • 血液型:O型
  • 趣味/特技:テニス
  • 身長:185cm
  • 活動期間:1970年 –
  • 活動内容:1970年資生堂専属モデル、1974年俳優デビュー
  • 配偶者:大塚悦子
  • 著名な家族:紅蘭(長女)、草刈麻有(次女)
  • 事務所:バービィオフィス

 

1952年、福岡県小倉市(現:北九州市)に生まれた草刈さん。

幼少期はバービーという愛称で呼ばれていました。

草刈さんのお母さんは、よく近所の人に、

「おたくのバービーちゃん、つないどいて」って言われたそうです。

まるで飼い犬のようですねw

相当やんちゃ坊主だったのでしょうね。

 

そんな草刈さんですが、生まれる前にすでに父親を亡くしています。

小学校に上がると、貧しい家計を少しでも楽にしようと新聞配達と牛乳配達の仕事を掛け持ち。

高校も定時制に通って、昼間は工場で働き、雑誌の訪問販売に、文房具の配達、

そして、学校の授業を4時間やって、

その後、軟式野球の練習を2時間ほどして、深夜にはスナックで皿洗い。

そんな働き詰めの生活を数ヶ月やりましたけど、苦にならなかったといいます。

ちなみに、軟式野球ではピッチャーとして全国大会に出場しています。

 

母一人子一人だった草刈さん。

気丈に頑張る母親を見て家計を助けます。

人一倍、母親想いだったのではないでしょうか。

 

そんなお母さんとの思い出は、

草刈さんのお母さんが好きで、よく見に行ったという東映の時代劇。

名役者、草刈正雄の原点は、このとき培われたのかもしれませんね。

 

そして、草刈さんが芸能界を目指すきっかけになったのが、

深夜働いていたスナックのアルバイト先のマスターの一言。

正雄は見てくれがいいから、モデルになったほうが稼げるかもしれないよ」と。

そして、そのマスターは草刈さんに東京なるモデル事務所を紹介してくれます。

 

このとき、草刈さん17歳。

東京都立青山高等学校定時制に転校し、母親を故郷に残し単身上京します。

「早く自立したい、社会に出たいという気持ちが強かった」

と、当時を振り返っています。

 

上京したての頃は、

「一人でいると、さびしくて、さびしくて。真剣に『帰ろう』と思いましたね」

とも語っています。

 

ですが、上京してすぐの1970年CMデビューで大ブレイクを果たすと

その勢いは止まらず、1974年には『卑弥呼』で映画デビューし、

同年の映画『沖田総司』にも出演、製作者協会新人賞を受賞するなど、

役者としても華々しいスタートを飾ります。

 

そして、1978年には、千葉真一さんと共演したテレビドラマ『十字路』で、

おしゃべりで朗らかなセールスマンを演じ、その高い演技力が再評価されます。

 

コミカルなキャラクターやダンディな正統派二枚目までさまざまな役柄をこなす草刈さん。

端正な顔立ちに役者としての高く幅広いその演技力で、

出演する映画、ドラマ、舞台は次々にヒットし、

その役者としての地位を確固たるものにしていきます。

 

 

これは、家計を助けようと何ごとにも手を抜かないその姿勢が、

共演者ならず、演出家や監督、スタッフや多くの人に受け入れられ、

愛されてきたからこそ、多くのチャンスを得て、

ものにすることができたからなのではないでしょうか。

 

草刈さんは内側から輝いていますものね!

 

草刈正雄はハーフで本名は?

結論から言ってしまうと、

草刈さんの本名は、草刈正雄です。

本名を芸名として使われているんですね。

 

幼少期の愛称だったバービーでデビューしていたら

違和感はなかったのかもしれませんねw

 

芸名が純和風の名前だっためか、

えっ、ハーフじゃないの?となる人が多いようです。

 

そして、草刈さんがハーフだと知ると、

えっ、やっぱハーフなの!?

じゃ、本名を隠すのはなぜ?となるようです。

顔立ちはハーフなのになんで名前は?となる人が多いようですね。

 

草刈さんは別にハーフであることや本名を伏せているわけではないようです。

これは、草刈さんが生まれる前にすでにお父さんを亡くしていて、

名前は母方で付けられたからだと思われます。

 

草刈さんのお父さんは、アメリカの軍人で朝鮮戦争で戦死してしまっています。

そして、その訃報をきいたお母さんは、

写真を全部処分したため、草刈さんは実の父の顔すら知らないといいます。

お父さんの面影を知ることなく育ったそうです。

 

草刈さんの幼少期の愛称は、お父さんの名前に由来しているかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

若い頃に資生堂のCMで大ブレーク!

草刈さんを一躍スターに押し上げたのが、1970年の資生堂のCM。

資生堂が男性用化粧品ブランドとして初めて発売した商品『MG5』で、

衝撃的なデビューを飾った草刈さん。

 

資生堂のブランド戦略とそのイメージに草刈さんが見事にハマり、

爆発的なヒットを生み出しました。

 

当時の草刈さんのCMがまとめられていましたので、

ぜひこちらをご覧ください。

 

めちゃくちゃカッコ良すぎる!

今のダンディーな渋い草刈さんも良いですが、

若い時の爽やかな笑顔もカッコいいですね。

 

まとめ

草刈さんはデビューから大ブレイク。

その理由には、草刈さんの人としてのすばらしさが大きく関係していました。

その高く幅広い演技力で今後も私たちを楽しませてくれることでしょう。

今後の活躍も大いに期待しています。

 

 

関連記事はこちら

ドラマ68歳の新入社員パクリ?!映画マイインターンとの徹底比較

 

最後までご覧下さりありがとうございました。

スポンサーリンク