高橋弘篤(スケルトン)成績や出身高校・大学は?彼女はいるの?

高橋弘篤

スケルトン

あまり聞きなれないスポーツではないでしょうか?

平昌冬季オリンピック公式サイトによると、

スケルトン

スケルトンは北アメリカインディアンが、冬に荷物を運ぶためにそりを利用したことに由来したトボガン(Toboggan)の一つです。 1884年サンモリッツで初めて試合が行われた後、スポーツ種目として位置づけられました。冬季オリンピックでは、第2回1928年スイス・サンモリッツで正式種目として採択されましたが、危険性のための正式種目から除外されました。 2002年アメリカ・ソルトレイクで開催された第19回大会から女子種目も追加されて、オリンピックの正式種目に再び採択されました。スケルトンはそり型スピード競技種目の一つです。頭を前にしてうつ伏せの姿勢で1200m以上の傾斜があるアイストラックを疾走する競技です。唯一そり種目の男女個人種目で構成されており、肩、膝を使って操縦をします。選手たちは、世界選手権とオリンピックで計4回の滑走を行い、そのタイムを合算して順位を決めます。ボブスレーと同じくトラックの長さは1,200 – 1,300mで、平均傾斜は11 – 13%、曲線での半径は20m以上と決められています。滑走時にカーブを曲がるときの圧力は、重力の約4倍に近く、平均時速は100Kmにも及ぶため、曲線、直線、円形オメガ(Ω)などのコースで加速をつけて維持したまま、14 – 22個のカーブを滑走することが重要です。なぜなら、100分の1秒を争う競技であるがゆえに速度を減速させてはいけないからです。

引用元:https://www.pyeongchang2018.com/jp/sports/skeleton

かなり危険なスポーツのように感じられます。

身を守るものは何もなく、頭を前に滑走するわけですから。

最高時速は140km以上になることもあるそうです。

また、100分の1秒を争う競技なので、速度を減速させられない。

いかに自分の恐怖心と戦わなければならない競技か想像できます。

今回はそのスケルトンに日本代表として

平昌オリンピックに出場される高橋弘篤選手について調べてみました。

スポンサーリンク

高橋弘篤プロフィール

高橋弘篤

画像出典:http://hiroatsu-takahashi.mato.media

  • 名前  :高橋弘篤(たかはし ひろあつ)
  • 生年月日:1984年4月13日
  • 身長  :175cm
  • 体重  :86kg
  • 血液型 :O型
  • 出生地 :宮城県
  • 所属  :株式会社システックス

 

高橋弘篤選手がスケルトンをはじめたのは、

最初はボブスレーだったそうです。

大学時代に「足が速くて、ちょっとマッチョだったら格好いいなぁ

と思ったのをきっかけに、ボブスレー部に入部し、

後にスケルトンへ転向したそうです。

なぜスケルトンに転向したのかは定かではありませんが、

格好良さを追求してしまったのでしょうか?

冒頭でも説明したように、

スケルトンは生身一つで自分との恐怖心に打ち勝つ個人競技。

そのスケルトンの格好良さに魅せられてしまったようです。

高橋選手の主な成績

  • 2014年ソチオリンピック(ロシア) 12位
  • 日本選手権(長野)優勝(2010年、2011年、2012年)、準優勝(2013年)、3位(2007年)
  • スケルトンワールドカップ(2014年1月3日 ドイツ・ウィンターベルク)8位

現在世界ランキング28位

初出場した2014年ソチ五輪では12位。

W杯は2015年1月に自己最高の7位に入りました。

全日本選手権は2010年から3連覇するなど4度優勝の成績を残しています。

今回の平昌オリンピックでは、

是非とも表彰台の上に立って欲しいものです。

そんな高橋弘篤選手の好きな言葉は、

初心忘るべからず、苦労無くして成長無し、迷ったら進め

是非とも迷うことなくメダルに向けて突き進んでください。

スポンサーリンク

高橋選手の出身高校・大学

高橋弘篤選手は宮城県黒川郡富谷町(現・富谷市)のご出身。

地元の小学校、中学校に通い、

高校も地元の宮城県富谷高等学校を卒業し、

仙台大学体育学部を卒業されています。

仙台大学は、野球、サッカー、スケルトン、ボブスレー、体操、陸上など

多くの日本代表を輩出している名門校です。

スケルトンとの出会いも仙台大学です。

高橋選手の彼女は?

いろいろ調べてみると、

高橋弘篤選手は彼女どころか、

どうやらすでに奥様がいらっしゃるみたいです。

2012年9月から、ご結婚されていることを明かしています。

それもそのはず、これほどのイケメンアスリートを

誰も放っておくはずがありませんよね!

奥様についての情報はまったくありませんでしたが、

平昌オリンピックでは、

高橋弘篤選手を応援されている姿が見られるかもしれませんね。

まとめ

今回は、スケルトンという過酷な競技でメダルの期待がかかる

高橋弘篤選手について調べてみました。

平昌オリンピックでは、

今までの努力で培ったものを惜しみなく発揮できるように

メダルに向けて突き進んでください。

今後のご活躍に期待しています。

 

最後までご覧くださりありがとうございます。

スポンサーリンク