渡邊雄太のプロフィール!2ウェイ契約とは何かわかりやすく説明!うどんブームの火付け役に!

NBAのグリズリーズが、ジョージ・ワシントン大卒のF渡邊雄太(23)と2ウェイ契約を結んだと発表した、と20日(日本時間21日)、NBA公式サイトが伝えた。グリズリーズのクリス・ウォーレス・ゼネラルマネジャーが正式発表した。

引用元:デイリースポーツ

日本人としては田臥勇太選手以来、

二人目の快挙となるNBAとの契約にこぎつけた渡邊雄太選手。

この快挙に日本中が沸き立ちました!

今回は、この渡邊雄太選手の歴史的な快挙に祝福の意味も込めて、

渡邊選手や渡邊選手の契約した2ウェイ契約とはどのような契約なのか調べてみました。

スポンサーリンク

 

渡邊雄太のプロフィール!

渡邊雄太

画像引用:https://twitter.com/

  • 名前:渡邊雄太(わたなべ ゆうた)
  • 生年月日:1994年10月13日
  • 出身地:香川県木田郡三木町
  • 身長:206cm
  • 体重:89kg
  • 出身高校:尽誠学園高校
  • 最終学歴:ジョージ・ワシントン大学

 

渡邊選手は、香川県木田郡三木町出身。

渡邊選手の両親はともに現役時に実業団チームに所属した元バスケットボール選手で、

お父さんの英幸さんは熊谷組、

お母さんの久美さんはシャンソン化粧品に所属し日本代表経験もあります。

お姉さんの夕貴さんもWリーグ・アイシン・エィ・ダブリュに所属した元バスケットボール選手。

渡邊選手は、バスケットボール一家!

バスケットボール界のサラブレットといったところでしょうか。

 

渡邊選手がバスケを始めたのが小学1年のとき。

地元の三木スポーツ少年団で本格的にバスケットボールを始めます。

その後、すぐに頭角を現し、

高松市立牟礼中学校2年生ときの2009年3月に

香川県選抜チームのメンバーとして第22回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会に出場します。

2010年4月、尽誠学園高等学校に進学。

高校1年生からスターターとして全国大会に出場し、

2011年および2012年の全国高等学校バスケットボール選抜大会で

2年連続で準優勝して全国ベスト5に選出されています。

※スターターとは、1つのチームには、監督・コーチ・マネージャーなどの関係スタッフをのぞき、合計で12人までの選手登録が認められています。ゲーム開始時に出場する5人をスターターと言い、残りの7人がベンチでの交代プレーヤーとなります。

 

高校卒業後の進路については、

田臥勇太選手のアメリカ行きの後押しもあり渡邊選手はアメリカ留学を決意します。

周囲には反対の声もありましたが、

渡邊選手の家族も田臥選手の言葉を信じてアメリカ留学に賛同します。

2013年3月に高校を卒業した後、

9月からコネチカット州のセント・トーマス・モア・スクール(大学進学のための準備学校)に通い、

NCAA1部の大学への入学を目指します。

※NCAAとは、National Collegiate Athletic Associationの略。日本語略としては「全米大学体育協会」。大学の活動としての体育を全て取りしきる団体で、バスケ以外にもアメフトや野球、ゴルフやラクロス、フェンシング、サッカーなどほとんどのスポーツを取り扱っています。

渡邊選手は、大学リーグトップクラスでプレーするために努力を重ねました。

 

スクールでプレーした2013-14レギュラーシーズンは、1試合平均13得点、6リバウンドを記録。

ナショナルプレップチャンピオンシップ準優勝に貢献し、オールファーストチームに選出されます。

シーズン中の2014年2月、NCAA1部のジョージ・ワシントン大学へ進学することが決定します。

日本生まれの選手がNCAA Iの大学でプレーするのは渡邊選手で4人目

渡邊選手はすでに狭き門を突破しています。

 

2014年11月14日、グランブリング州立大戦でNCAAデビューを果たし、

20分間の出場で8得点7リバウンド1ブロックを記録。

渡邊選手の大学時代のプレーです。

渡邊選手の背番号は12番。

 

渡邊選手は、大学3年目の2016-17シーズンは序盤にふくらはぎを負傷し

7試合欠場しましたが、ワシントン大学での4年間主力選手として活躍。

大学最終年の2017-18シーズンはジョージ・ワシントン大の3人のキャプテンのうちの1人に就任します。

チームのエースとして、得点、リバウンド、ブロック数はチーム1位で、

A10カンファレンス最高クラスの2ウェイプレーヤーと評され、

ディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーをジョージ・ワシントン大の選手として初めて受賞しています

 

大学卒業後、

2018年7月上旬にラスベガスで行われたNBAのサマーリーグにネッツの一員として参加していた渡邊選手。

期間中は5試合に出場し、

1試合平均24分間プレーし、9・4得点、4・2リバウンド、1・2アシスト、1・6ブロックをマーク。

持ち味の3ポイントシュートと粘り強いディフェンスなどで存在感を遺憾なく発揮。

そして2018年7月20日、日本人として歴史的快挙となるメンフィス・グリズリーズと2ウェイ契約を結びます

 

 

NBAグリズリーズと結んだ2ウェイ契約とは?

2ウェイ契約とは、

NBA経験が4年以下の選手に限定され、NBAの下部リーグ、ゲータレード・リーグ(Gリーグ)でシーズンを過ごし、NBAでも最大45日間プレーできる。各チームは2人まで同契約選手を保有できる。

引用元:デイリースポーツ

と説明されています。

この契約を結べることが、すごいことなんだと薄々わかりますが、

いまいち良くわからないので、簡単に説明します。

そもそも2ウェイ契約自体が新しい制度で、2017年の夏から導入されました。

 

ではなぜこのような制度が設けられたのでしょうか?

その背景には、選手の育成と確保が大きな理由です。

NBAを目指す実力のある選手はGリーグと呼ばれるリーグに所属していますが、

給与面での待遇に課題があり、有力選手が給与面で高待遇な海外に活路を求めるようになってしまいました。

平均で海外での所得はGリーグの10倍ともいわれています。

有力選手が海外に流出してしまう中で、

各チームは、Gリーグが育成の場として十分に機能してはいなかったので、

思うように長期的なチーム作りができなかったというのが現状です。

 

そこで、今までNBAで15人枠だったロースター枠(チームの在籍人数)を17人に増やす制度を設けます。

これが2ウェイ契約制度です。

NBAは30チームで構成されるため、単純に60人のロースター枠が増えたことになります。

NBAの枠が60人増えることは、今まで海外に流出してしまうような次世代を担う有力選手にとって、

豊かに生活できる給与が保証されながらNBAに挑戦し続けることができる

といった選手にはすごくありがたい制度なわけです。

またチームにとっても、長期的なビジョンで選手を育成可能

かつ、未熟な選手でも契約に踏み切れるといったメリットがあります。

 

渡邊選手はこの60人の枠に入ることができたわけです。

給与面での安定が、NBA出場を目指してバスケに打ち込める環境が整ったということになります。

 

ただ、2ウェイ契約はNBA出場の正式な契約ではなく、

あくまで契約をした専属のNBAチームに招集される優先権を得たというのが正しいのかもしれません。

 

そのため、2ウェイ契約をした専属のチームから招集がかからなかった場合、

他のチームが渡邊選手を欲しがったとしても声が掛からず、

NBA出場を果たせない可能性もあります。

ある意味専属チームによる飼い殺し状態になってしまうわけです。

 

しかし、今回のグリズリーズとの2ウェイ契約は、

渡邊選手がNBA出場できる可能性を極めて高くしてくれるもので、

渡邊選手のNBA出場までにあと一歩というところまで近付いた証でもあります。

スポンサーリンク

 

渡邊雄太がうどんブームの火付け役に!

日本のバスケ界に歴史的快挙を打ち立てている渡邊選手ですが、

バスケ意外にもブームの火付け役になりそうな気配を見せています。

 

それがこれ、

うどんなんです!

香川県出身の渡邊選手。

香川はうどんでも有名ですからね。

渡邊選手はうどん県というほどw

 

小さい頃からうどんを食べて育っていますので、

渡邊選手の身体はうどんでできているといっても過言ではないでしょうw

次世代のバスケ選手の間でうどんが主食になりそうです!

 

そしてこんな声まで

渡邊選手の快挙を祝って、7月21日がうどんを食べる日になりましたw

渡邊選手が香川の親善大使やうどん大使として活躍する日も近そうですw

 

まとめ

日本のバスケ界を牽引している渡邊雄太選手!

今回の2ウェイ契約は、

渡邊選手がNBA出場というさらなる快挙に向けて

バスケを打ち込むために大切な環境を整えてくれるものです。

渡邊雄太選手のNBA出場!

そして偉大な活躍が見られるのもすぐそこまで迫ってきています。

渡邊雄太選手から目が離せません!

みんなで応援しましょう!

 

なにはともあれ、ひとまず渡邊雄太選手おめでとうございます!

 

 

最後までご覧下さりありがとうございました。

スポンサーリンク