秋元ういのプロフィール!しょうがっこうがだいすきの出版は父親の影響?!

岐阜市の小学校2年の秋元ういちゃんが

小学校に入学前の保育園、幼稚園の子どもたちに向けて

学校生活を楽しむノウハウを書いた小冊子「しょうがっこうがだいすき」が話題になっています。


ういちゃんは「入学前にこの本を読んで、準備をしてもらえたら」と話しています。

こんなすてきな本を小学校2年生にして出してしまうなんて驚きです。

その行動や行動力がすばらしい!

 

どうしても秋元ういちゃんについて知りたい!ということで調べてみました。

スポンサーリンク

 

秋元ういのプロフィール

  • 名前:秋元うい(あきもと うい)
  • 出身地:岐阜県
  • 生年月日:2010年

2010年生まれの小学2年生のういちゃん。

三姉妹の長女で、ちょっとひょうきんもの。

みんなを喜ばせることが大好きという、ういちゃんは、

自ら創作した本を人にプレゼントしたいと話しています。

 

卒園文集に書いた将来の夢は、

「お金持ちになりたい」。だそうw

パンケーキビジネスで一攫千金を狙っているんだとか。

 

この歳で将来のビジネスをしっかり見据えているなんて

かなりのしっかり者ですね!

 

そんなういちゃんですが、

とっても名前がめずらしい。

 

なんでもういちゃんの名前の由来は、

「当事者意識」をコンセプトに、

あなたのことも私のことと考えられる子

一人称が常に「we(私たち)」になるようにと名付けられたそうです。

思いやりのある人になってくれそうですね!

 

というか、

『しょうがっこうがだいすき』の出版を思いつく時点で

かなり思いやりのある子に育っていますね!

 

ういちゃんは、

他人のことを自分のことのように捉えられる

思いやりのあるビジネスを展開してくれそうです!

 

ういちゃんの将来が楽しみです。

 

 

しょうがっこうがだいすきの出版は父親の影響?!

ういちゃんが本を出すきっかけになったのが

父親の秋元祥治さんが

2017年3月に出版したビジネス書『20代に伝えたい50のこと』

 

30代後半になった祥治さんが、今を振り返ってみて

15年前の自分(15年前の自分と同世代の若者)に、伝えたいことをまとめた本。

そして、祥治さんは出版を機にテレビに出演。

 

これを見たういちゃんは、

「本を出したら新聞やテレビに出られ、友達がたくさん増える」と思ったそうです。

パパの本になぞり、小学生になるまでにやったらいい50のこと。

いや、50は多い・・・ということで、構想・制作に半年をかけ

ういちゃんがタブレットに16のことをひらがなで打ち込みました。

もちろん、やさしいパパの助けもあって見事出版に至りました。

 

小学校に行くのが、楽しみだけど、ちょっと不安に感じている子達へ、

彼女が小学校生活を送る上で感じた、

ちょっとした先輩の「コツ」みたいなものが詰まっていると思います。

引用元:http://akimotoshoji.blog.jp/

と話す祥治さん。

 

ういちゃんの実体験を基に

ういちゃんの目線、言葉で綴られているだけに

子供たちだけではなく、

子供たちが感じていることを

大人にも読んで感じてほしい!

そんな本に仕上がっています。

 

祥治さんもブログにこんな風に綴っています。

親が読むことで、小学生の子どもたちが、より楽しく、より充実した小学校生活を送れるようになり、自信を持って人生を送れる子になると思いまして

引用元:http://akimotoshoji.blog.jp/

 

スポンサーリンク

 

ういちゃんのパパ、祥治さんってどんな人?

  • 名前:秋元祥治(あきもと しょうじ)
  • 生年月日:1979年12月15日
  • 最終学歴:早稲田大学 政治経済学部(中退)
  • 職業:岡崎ビジネスサポートセンター OKa-Biz センター長、 NPO法人G-net 理事(創業者) 、早稲田大学社会連携研究所招聘研究員、慶應義塾大学SFC研究所 所員

 

2001年より、人材をテーマにした地域活性に取り組むG-netを創業し

2003年にG-netを法人化。

15年8ヶ月にわたる代表理事を2016年5月末日で退任し、

現在は理事に就任しています。

 

2013年には、中小企業の経営相談や起業支援を目的とし活動を岡崎で行っている

OKa-Bizのセンター長に就任。

4年半で目標の4倍以上となる9,500件超の来訪相談に加え、

800件超のメディアへの露出・約170件の視察の受入。

常設型自治体主導のf-Bizモデル全国初の事例として、注目を集めています。

 

また、Ama-biZ(天草市)やSeki-Biz (関市)など、

全国に広がる「Bizモデル」の開設・運営支援をf-Biz・小出さんと共に進めています。

 

祥治さんは、地域活性に尽力していて、大きな貢献をされています。

 

受賞歴には、

内閣府「女性のチャレンジ支援賞」、「ニッポン新事業創出大賞」支援部門特別賞ほか。

内閣府「地域活性化伝道師」

中小企業庁よろず支援拠点事業全国本部アドバイザリーボード

中小企業庁「認定支援機関連絡協議会WG委員」等、公職も多数務めています。

 

 

ういちゃんのようなすばらしい子が育つのも

このパパあってのようですね!

 

 

まとめ

しょうがっこうがだいすき」を出版したういちゃんは、

パパ祥治さんの想いが込められた

思いやりのあるすばらしい小学2年生でした。

 

ういちゃんは近く岐阜から他県へ引っ越さなければならないそうですが、

「本を出したし、みんなが覚えていてくれるといいな。新しい学校でたくさん友達をつくりたい」

と笑顔でコメント。

 

新しい学校でもすてきな友達がいっぱいできて、

楽しい学校生活がおくれるといいですね!

 

 

ういちゃんの「しょうがっこうがだいすき」の購入はこちらから

https://peraichi.com/landing_pages/view/uibon

 

 

 

最後までご覧下さりありがとうございました。

スポンサーリンク