宇山芽紅(トランポリン)のプロフィール!出身高校や大学はどこ?競技動画を調査!

宇山芽紅

トランポリンの世界選手権のシンクロナイズドで

日本女子初の金メダルを獲得した森ひかる選手と宇山芽紅(うやまめぐ)選手

おめでとうございます!

 

昨年の2017年、森ひかる選手は高木裕美選手と挑戦し銀メダルを獲得。

しかしながら、高木裕美選手は、右足首靱帯(じんたい)の断裂に見舞われてしまい、

今年のシンクロナイズドは、宇山芽紅選手が出場。

見事に優勝を飾りました。

 

そこで今回は、森ひかる選手のペアを務め、

日本女子初の金メダルを獲得した宇山芽紅選手について調べてみました。

スポンサーリンク

 

宇山芽紅のプロフィール

  • 名前:宇山芽紅(うやま めぐ)
  • 生年月日:1996年1月14日
  • 出身地:千葉県
  • 身長:158cm
  • 体重:50kg
  • 最終学歴:金沢学院大学
  • 所属:有限会社テン・フォーティー

 

現在、スポーツクラブのテン・フォーティーに所属する宇山選手。

テン・フォーティーはトランポリンをメインに体操を教えているスポーツクラブで、

千葉県佐倉市、東京都足立区、埼玉県草加市、埼玉県八潮市、千葉県八千代市に

5つの直営クラブがあります。

宇山選手はクラブでトレーニングをしながら、

クラブに通う子どもたちに指導も行っているようです。

 

子どもだけでなく、大人もトランポリンを習えますので

興味があって運動不足の方は、ぜひ始めてみるのも良いかもしれませんね。

もしかしたら、宇山選手に指導してもらえるかもw

 

詳しくはテン・フォーティーのホームページをご覧ください

テン・フォーティーのホームページ

 

宇山芽紅の出身高校や大学はどこ?

宇山選手は、トランポリンの強豪校として知られ、

ロンドンオリンピック日本代表の伊藤正樹さんを輩出している

金沢学院東高等学校(現:金沢学院高等学校)を卒業しています。

2013年の高校3年のときには、全国大会の個人戦で3位、シンクロで2位

団体戦で優勝を果たしています。

また、世界年齢別選手権では、個人戦で優勝、シンクロで2位。

 

そして、金沢学院大学へ進学。

金沢学院大クラブとして知られる金沢学院大学のトランポリン部は

トランポリンの名門中の名門。

ロンドンオリンピックに出場した岸彩乃さんも金沢学院大クラブ出身。

森ひかる選手も現在、金沢学院大生。

名立たる選手を輩出している学校です。

 

大学時代の宇山選手は、目立った成績を残せなかったのか

あまり表舞台には立っていませんでした。

 

 

大学を卒業後、現在所属するテン・フォーティーに就職。

着実に実績を積み上げていきます。

 

2018年8月30日に行われたジャカルタ・アジア大会では、

52.330点をマークし4位。

このとき、森ひかる選手は、53.735点で銀メダルを獲得。

 

また、2018年10月19日〜21日に行われた第55回全日本トランポリン選手権では、

森ひかる選手についで準優勝。

好調な成績を残しています。

 

そして、2018年の世界選手権

森選手とペアを組みシンクロナイズドで優勝を果たします。

スポンサーリンク

 

宇山芽紅の競技動画を調査!

宇山選手の競技をぜひ観てみたい!

ということで動画を探してみることに。

2018年4月に行われたカナダカップのときのものがありましたのでご覧ください。

 

このとき、宇山選手は個人戦で6位

土井畑知里選手とペアを組んだシンクロナイズドで優勝を果たしています。

 

ポルトガルのローレで行われたワールドカップ

 

これだけ回転しまっくていたら目が回っちゃいそうw

そして、半田萌里選手と臨んだシンクロナイズド

 

すごい!

こんなにも息ぴったりに高さやタイミングを合わせてとぶんですね!

 

そして4年前の2014のときのものも

 

メチャクチャすばらしい演技ですね!

これだけの演技をしているのになぜ結果がでなかったのか不思議です。

 

まとめ

2018年、トランポリン競技で日本女子初の金メダルという快挙を成し遂げた宇山芽紅選手。

トランポリンの名門校である金沢学院東高等学校、金沢学院大学を卒業。

現在は、スポーツクラブ、テン・フォーティーに所属。

日本代表として世界に挑戦し続けています。

宇山選手の今後の活躍が楽しみですね!

 

 

最後までご覧下さりありがとうございました。

スポンサーリンク