滝沢秀一(ゴミ清掃芸人)のプロフィール!ゴミ本出版は有吉のおかげ?年収や家族を調査!

滝沢秀一

ごみ収集会社の正社員と

お笑い芸人『マシンガンズ』の二足のわらじを履く

異色芸人、滝沢秀一さん。

 

ゴミ清掃員である滝沢さんの日常を赤裸々に綴ったエッセイ本、

このゴミは収集できません ~ゴミ清掃員が見たあり得ない光景~』が

SNSを中心に大きな話題となっています。

 

そこで今回は、芸人である滝沢秀一さんがなぜ二足のわらじを履くようになったのか?

出版に至る経緯や年収などについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

滝沢秀一のプロフィール

  • 名前:滝沢秀一(たきざわ しゅういち)
  • 生年月日:1976年9月14日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:AB型
  • 特技:器械体操(床、鉄棒)
  • 趣味:野球観戦(中日ファン)
  • 資格:書道(特待生)
  • 身長/体重:169cm/62kg 
  • 所属事務所:太田プロダクション

 

東京都足立区出身の滝沢さん。

出身大学は、東京成徳大学人文学部英米文化学科。

在学中はアメリカ文学を専攻し、卒業論文のテーマは『エドガー・アラン・ポー』

エドガー・アラン・ポーは、

名前を見ても分かる通り江戸川乱歩に影響を与えたアメリカ合衆国の小説家

滝沢さんの好きな作家は村上龍、中上健次。

 

大学生時代は教員を志していた滝沢さん

文学に精通しているんですね!

 

ちなみに、滝沢さんは、

2013年携帯小説サイト「エブリスタ」に小説を投稿

その小説『鬼虐め』が話題になり電子書籍大賞双葉社賞を受賞しています。

また『鬼虐め』を改題した『かごめかごめ』で小説家としてもデビューしています。

 

そんな滝沢さんがなぜお笑いの道を選んだのでしょうか

理由は、ダウンタウンさんみたいなスターになりたかっただそうです。

ダウンタウンに憧れて芸人になった人は多いですね!

 

そして、受講料が安かったという理由で、

東京都豊島区内のカルチャースクールでお笑いを学んでいた滝沢さんは、

相方の西堀さんと知り合い1998年にマシンガンズを結成

 

受講料が安いという理由で選んでしまったカルチャースクールですが、

入ってみると生徒はおじさん、おばさんしかいなかったそうです。

プロになりたいというより「お話上手になりたい」とか

「ビジネスにユーモアを取り入れたい」といった人たちが多かったんだとかw

 

『入る学校を間違えたなぁー』と後悔していると、

同じように沈んだ顔をしている西堀さんを見つけたんだそうです。

 

おじさん、おばさんの中で沈んだ顔で浮いている二人

「じゃあ、コンビ組む?」みたいな感じでコンビを結成したんだそうですw

 

結成した当時は、滝沢さんがボケ、西堀さんがツッコミ。

まったくウケなかったという理由で

結成4年後にボケとツッコミのポジションをチェンジ。

これで波に乗れるかと思いきや鳴かず飛ばず・・・

 

なぜウケが悪いのか話し合った結果

二人ともボケに向いていないと気付き

2006年末頃から二人ともツッコミという芸風に変えています。

 

そして、

M-1グランプリでは2007年、2008年に準決勝まで進出

THE MANZAIでは2012年、2014年に認定漫才師50組に選出されています。

 

そんなマシンガンズのネタがこちら(向かって左が滝沢さん)

 

ツッコミは二人で言いたい放題w

フリからのこの二人の毒舌ツッコミで人気を博します!

 

実力のある二人ですからこのまま順調に売れていくのかと思われましたが、

現実はそう甘くなかったようです。

 

滝沢さん36歳のときに転機が訪れます。

2013年3月に子供が生まれ、

嫁さんから「40万持ってこい!」と言われたそうです。

 

そりゃそうですよね?!

奥さんからしたら旦那の夢よりも現実です。

大事なお子さんが生まれたわけですからね。

 

しかし、芸人の夢も諦めきれなかった滝沢さん。

アルバイトを探し始めます。

ですが、そう簡単に見つかるはずがありません。

 

36歳という年齢で

『芸人をやっているから、そっちの仕事が入った時は休みの融通をきかせてほしい』

なんて言う人を普通雇わないですよね。

 

そこで、滝沢さんは芸人をやめた仲間に相談して、

ゴミ清掃員の職に就くことができます。

一週間の決まったコースを毎日回収し続ける常勤が休んだ時に、

その代わりを担当する非常勤として職を得ました。

 

ここにゴミ清掃芸人滝沢秀一の誕生です。

 

 

ゴミ本出版は有吉のおかげ?

ダウンタウンのようなスターになりたくて選んだ芸人の道

その道を諦めたわけではありませんが、

現実は、奥さんから言われた「40万持ってこい!」

そして、始めたゴミ清掃員の仕事。

 

普通なら、生活のためお笑いができない!と愚痴でもこぼすところ

ですが、滝沢さんは普通ではありませんでした。

 

ゴミ清掃員の日常と題し、

といったゴミを通して身につけた生活の知恵や

といった人間味あふれるものまで、

ツイッターを使って滝沢さんの視点で情報を発信。

 

これが好評を博して、

『このゴミは収集できません』(白夜書房)として1冊の本になります。

 

この本の出版できたのはある人のおかげという滝沢さん。

 

ある人というのが、有吉弘行さん

そもそも滝沢さんのツイッターの発信に火がついたのが、

有吉さんが滝沢さんのツイートをリツイート。

それが一気に広まります。

 

そして、本の出版を担当したのが、

『サンドリ』を聴いているリスナーだったそうです。

サンドリとは、有吉さんがパーソナリティのラジオ番組。

有吉さんが滝沢さんのことをネタに話したことが

本の出版に繋がりました。

 

滝沢さんは、

「有吉さんの家の方向を知っていますけど、やっぱりそっちに足を向けて寝てない」そうですw

 

スポンサーリンク

 

滝沢秀一の家族は?

芸人としても着実に夢に近づいている滝沢さん。

 

本人の努力と有吉さんのおかげでツイッターでも話題に!

本の出版まで漕ぎ着けることができました。

 

ですが、やはり一番の立役者は滝沢さんの奥さんではないでしょうか?

奥さんに言われた「40万稼いでこい!

これがキッカケで今の滝沢さんがあるように思えます。

 

その奥さんと結婚されたのが2008年

滝沢さんよりも6歳年上で、 歯医者の受付をされていたそうです。

出会いは、滝沢さんが通っていた歯医者かもしれませんねw

 

そんな奥さんは、まったく売れてないときから支えてくれた人

時々(滝沢さんの持ちネタの)「バカヤロー」って言ってくれると

滝沢さんはかなり奥さんに感謝しているようです。

 

そして、2013年に、男の子が誕生。

名前は武之(たけし)くん

滝沢さんが尊敬する、 ビートたけしさんにあやかって 名付けたそうです。

武之くんも将来芸人になるのかな?

 

 

滝沢秀一の年収は?

二足のわらじでがんばっている滝沢さん。

気になるのがその年収!

 

滝沢さんの現在の仕事の割合は

1(芸人):9(ゴミ清掃員)

ほぼ収入はゴミ清掃員としての給料から

 

一般的な清掃員の平均年収が500万円~600万円

 

しかも、滝沢さんは『かごめかごめ』や『このゴミは収集できません』の他にも

いくつか本を出版しています。

本の印税も考えると奥さんから言われた

40万は余裕でクリアーできているのではないでしょうかw

 

 

おわりに

『M-1グランプリ』で準決勝まで進み、

『エンタの神様』に出始めて徐々に人気が出たマガジンズ。

ですが、

『エンタの神様』から端を発した空前のお笑いブームにも陰りが見え始め、

マシンガンズにもその影響が徐々に現れ、その存在感が薄れてしまいました。

 

有吉さんのおかげで二回目の光が当たり始めた滝沢さん。

この好機を見事に掴んでブームを起こしてほしいですね!

 

 

 

最後までご覧下さりありがとうございました。

スポンサーリンク