火器管制用レーダー照射とは?わかりやすく解説!危険性や場所、韓国の説明が問題!

20日(木)午後3時ごろ、

石川県の能登半島沖(日本の排他的経済水域の上空)で、

海上自衛隊のP1哨戒機が韓国海軍の駆逐艦から

攻撃対象の位置を把握するための射撃管制用レーダーの照射を受けたとの報道がありました。

 海上自衛隊の哨戒機が日本海で韓国海軍の駆逐艦から射撃管制用のレーダーの照射を受けたことが明らかになりました。政府は「極めて危険な行為」と非難し、韓国側に抗議しています。  「(射撃管制用レーダーの照射は)実際の火器の使用に先立って実施する行為。不測の事態を招きかねない極めて危険な行為」(岩屋毅防衛相)  防衛省によりますと、20日午後3時ごろ、石川県の能登半島沖で、海上自衛隊のP1哨戒機が韓国海軍の駆逐艦から攻撃対象の位置を把握するための射撃管制用レーダーの照射を受けました。  哨戒機は当時、日本の排他的経済水域の上空を飛行中で、安全のため回避行動をとった後に駆逐艦に意図を問い合わせましたが、応答は確認できなかったということです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

政府は「極めて危険な行為」と非難し、韓国側に抗議しているとのことです。

これがどれほど危険な行為なのか

射撃管制用レーダーとはどのようなものなのか

また、韓国側の説明はどのようなものなのか調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

射撃管制用レーダーとは?

まず、韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機におこなった

射撃管制用のレーダーの照射がどれほど危険な行為なのかを知るために

射撃管制用レーダーについて見てみましょう。

実際の射撃を前提として、目標とする艦艇や航空機に電波を照射するレーダーで、艦艇などに搭載される。  警戒監視用のレーダーとは異なり、対象との距離や速度などを精密に計算。照射したことで、直後に射撃することが可能になる。  照射された側は周波数などでレーダーを感知し、警戒音が鳴るような装置を搭載し、対応を取る。

引用元:産経新聞

この説明をみると、

対象物を的確に破壊するために照射するレーダーと読み取れます。

 

また、射撃管制用レーダーは

火器管制レーダーやFCレーダーとも呼ばれるものです。

 

火器管制レーダーとは

コトバンクによると

艦艇や航空機などから砲弾やミサイルを発射する直前に、目標の位置や速度を正確につかむために使用される。自衛隊を含む軍事用の艦艇や航空機は一般に、攻撃を回避するため、このレーダーで照射を受けた際にただちに感知する逆探知装置を搭載している。

引用元:コトバンク

このレーダーは砲弾やミサイルを発射する直前に照射されるとの説明があります。

 

射撃管制用レーダー照射の危険性

その危険性を産経新聞は次のように報じています。

 韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に対して行った火器管制用レーダーは「攻撃予告」ともいえる危険な行為だ。韓国側は「海自の哨戒機を追跡する目的でレーダーを使った事実はない」などと釈明するが、照射された側が先に攻撃したとしても、国際法上は何ら問題が生じないほどの事案だ。

引用元:産経新聞

射撃管制用レーダーの照射は攻撃予告であり、

照射された場合は、先に攻撃をしても問題がない

いわば正当防衛が認められるとの認識が万国共通とのことです。

 

またこのようにも報じられています。

ミサイルや火砲を発射する際、目標の距離や針路、速力、高度などを正確に捕捉し自動追尾する「ロックオン」に用いる。発射ボタンを押せば攻撃可能な状態だ。防衛省幹部は「米軍なら敵対行為とみなし即座に撃沈させてもおかしくない」と語る。

引用元:産経新聞

射撃管制用レーダーの照射は明らかな敵対行為のようです。

国家間の有事に発展しかねない

非常に問題のある危険な行為であることに間違いありません。

 

ですがこのような意見もあります。

 さて、今回の射撃管制レーダー照射という行為。またも煽るバカなマスコミ(全てじゃないですよ一部!それに両方の国の)は「ロックオン」だの「宣戦布告に等しい」だのハシャイでいますが、全然違います。  ロックオン、とは本来「照準に目標を捕える」ことで、現代では射撃管制装置の「目標自動追尾装置」によって敵を捕捉「し続ける」ことを言います。  今回の射撃管制レーダーはその目標自動追尾装置とリンクして使いはしますが、射撃をする前に「目標の位置、形状と速度などのデータを得るため」に射撃管制レーダーを照射することがあります。もちろんそんなことをすれば、「私はあなたを狙っています」と敵に知られる(相手側、もちろん自分も敵からのレーダー照射を探知する装置を持っている)訳ですから、実戦になれば射撃管制レーダー照射は攻撃寸前の行為で、すぐさまミサイルや砲弾が飛んで来ることにはなります。  「ロックオン」という言葉は映画やアニメでもさんざん使用されるため、一般用語化しています。ですからこの言葉を聞くと「ホールドアップ」に近い状況を想像してしまう人も多いかと思うのです。  でも、今、中国と日本は戦闘状態ではありません。もちろん自衛隊からすれば、レーダー照射されればこれで「開戦」かも、と緊張し身構えるのは当然です。油断禁物です。けれど今回の護衛艦「ゆうだち」はベテラン(インド洋給油作戦やソマリア海賊対策で「鳴らした」艦です)らしく慌てず騒がず「優雅」に回避した様子です。今も緊張の現場を哨戒していると言いますし、ご立派。  この「戦闘状態」での射撃管制レーダー照射のことを「ロックオン」と呼ぶべきで、撃つつもりのない威嚇の照射まで「ロックオンだ」と騒ぐのは(軍人さんが身内で皮肉に呼ぶ以外)煽り行為にしかなりません。

引用元:https://ncode.syosetu.com/

 

これは2013年にも今回のような同様の事件が起きており

海上自衛隊のむらさめ型護衛艦「ゆうだち」が

東シナ海において中国人民解放軍海軍の江衛II型フリゲート「連雲港」(522)に

火器管制レーダー(射撃管制用レーダー)が照射されました。

 

その際に投稿されたものです。

スポンサーリンク

 

射撃管制用レーダーの照射が行われた場所

 防衛省によると、海上自衛隊の哨戒機が韓国側から火器管制レーダーの照射を受けたのは、日本の排他的経済水域(EEZ)内だった。領海内ではなかった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

今回の韓国海軍の問題行為は、

排他的経済水域内で起き、領海内ではないとのことです。

 

排他的経済水域と領海の違いっていまいちピンとこないですよね。

そこで、排他的経済水域と領海の違いについて見てみましょう。

 

領海とは、主権が及ぶ水域で、領土や領空とともに国家領域の一つです。

他国の意思に左右されず、自らの意思で領域を統治する権利が認められていて

その国の法律が適用される水域のことです。

他国の船は、その領海を有する国の安全を害さない範囲で通行が認められています。

 

排他的経済水域とは 、海中資源、海底資源の開発や管理に関して

その国の法律を適用することができる水域のことです。

 

今回起きた事件は、

石川県の能登半島沖の日本の排他的経済水域の上空

日本の主権が制限された水域で起きています。

 

韓国の説明は?

【ソウル時事】韓国駆逐艦が日本海で海上自衛隊哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題で、22日付の韓国紙・朝鮮日報は、駆逐艦が北朝鮮の遭難漁船を捜索するため、一般レーダーよりも精密な火器管制用レーダーを稼働させ、哨戒機がその半径に偶然入ってきたとする韓国軍関係者の話を伝えた。    同紙によると、韓国軍関係者は「火器管制用レーダーを作動させたのは事実だが、日本の哨戒機を狙う意図はなかった」と説明した。また、日本側が「日本の排他的経済水域(EEZ)内で照射を受けた」と発表したことについて、「(駆逐艦が)遭難船救助のため、通常、作戦を行う海域よりも、東側に進んだのは事実だが、韓日のEEZの中間水域で起きたことだ」と反論。「日本の反応は多少、度を越している側面がある」という認識を示したという。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

韓国の説明では、

韓国の駆逐艦が北朝鮮の遭難漁船を捜索するため、

火器管制用レーダーを稼働させているところに日本の哨戒機が偶然入ってきた。

場所は、韓日の排他的経済水域の中間水域としています。

 

これに対し海自幹部は

「(射撃管制用レーダーの照射は)意図しなければ起こりえない」

と話しています。

また、通常船舶を捜索する際に射撃管制用レーダーの照射は使用しないとも

 

2013年に起きた中国人民解放軍海軍による射撃管制用レーダーの照射の際に

在ロンドンの軍事筋も、

「レーダー照射は、平時には絶対に使わない『禁じ手』だ」

と強調していました。

 

 

 

まとめ

さて、今回の射撃管制レーダー照射という行為。

かなり危険性を伴う問題のある行為といえるでしょう。

 

日韓両政府の合意に基づき設立された慰安婦財団の解散、

徴用工訴訟問題、

自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛問題、

韓国による竹島周辺での軍事訓練など

多くの問題を抱えた中で起きた今回の韓国海軍による射撃管制レーダー照射。

謝罪を求めるとともに厳しく抗議していく必要性がありそうです。

 

 

 

最後までご覧下さりありがとうございました。

スポンサーリンク