今野紀花(こんののりか)がかわいい!出身中学や高校は?3×3(ミニバスケ)で銀メダル!

日本女子バスケット界の至宝といわれる今野紀花選手。

バスケの名門、聖和学園高校の女子バスケでエースを務める彼女は、

2017年のインターハイ2回戦、

上位候補だった八雲学園高校(東京都)を破る金星を挙げる快挙に貢献。

 

一躍スターダムへと駆け上がります。

バスケットボール女子U18では、日本代表選手に選出。

そして、バスケの強豪、ルイビル大(アメリカ・ケンタッキー州)への進学が決まっています。

 

今後の活躍が大いに期待されるバスケ界の至宝、今野紀花選手について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

今野紀花のプロフィール

今野紀花

  • 名前:今野紀花(こんの のりか)
  • 生年月日:2000年5月1日
  • 出身:宮城県仙台市
  • 身長:178cm
  • 体重:64kg
  • 出身高校:聖和学園
  • 趣味:音楽鑑賞

 

東京都生まれの彼女は、幼稚園から仙台に住み、

地元仙台にあるバスケの名門、聖和学園に通います。

聖和学園では1年夏からレギュラー座を獲得。

早くから実力を発揮します。

 

実力もさることながら

そのかわいらしいルックスから多くのファンがいます。

 

今野選手の魅力がいっぱい詰まったインタビュー動画がこちら

 

 

今野紀花の出身中学や高校は?

現在、聖和学園3年の今野選手。

卒業後は、米国の強豪・ルイビル大(ケンタッキー州)へ進学が決まっています。

 

今野選手の出身中学校は、

仙台市にある七北田中学校

七北田中学は宮城県内のバスケの強豪校として知られています。

 

 

3on3(ミニバスケ)で銀メダル!

3人制(3on3)バスケは、アジア大会で初種目となった競技。

東京オリンピックでも追加種目となり注目を浴びています!

 

今野選手は、2018年8月のアジア大会で3人制バスケの日本代表として銀メダルを獲得。


そして、勢いは止まらず同年10月のU-18アジア選手権も代表として準優勝を飾ります。

 

今野選手の持ち味は、178センチの長身に似つかわしくない機動力、

シュート力、ボールハンドリング力。

バスケに必要な要素全てを備えたオールラウンダーといえます。

1on1なら、高校生だけではなくプロでも彼女を止めるのは困難といわれるほど

 

アメリカに遠征した際には、

リクルートされている高校生をチェックするウェブサイトで

5つ星の評価をもらっていたアメリカの選手と互角以上のプレーをみせていました。

 

そんな今野選手のプレーの素晴らしさが、

2018年12月16日放送の『TOKYO応援宣言』(テレビ朝日系列)で取り上げられています。

 

 

まとめ

東京オリンピックでの活躍も期待されている今野選手。

まずは、その卓越したプレーでアメリカでの活躍に期待しています。

日本女子バスケの至宝に今後も注目です!

 

 

 

最後までご覧下さりありがとうございました。

スポンサーリンク