ヘイト発言をした高野山金剛峯寺の僧侶は誰?安田空源がツイ垢消して証拠隠滅?

世界遺産の高野山真言宗総本山金剛峯寺(和歌山県高野町)は30日、同寺の男性僧侶がツイッターで「韓国人3人寄ればドクズかな」などとヘイトスピーチをしたとして、公式サイトで謝罪した。僧侶への指導や処分を検討するとしている。  金剛峯寺によると、僧侶は11日、自身のアカウントを使用して投稿。他に「日本人にとって謝罪は『礼儀』」「韓国人にとって謝罪は『降伏』」とも書き込んでおり、インターネット上で批判の声が相次いでいた。  金剛峯寺は30日、僧侶本人の投稿と確認し、内容がヘイトスピーチであったと判断。添田隆昭宗務総長名義で謝罪するコメントを公式サイトに掲載した。

引用元:https://this.kiji.is/

世界遺産に登録されている高野山真言宗総本山金剛峯寺の僧侶が

ヘイト発言をしたとして問題になっています。

 

仏の教えを説き、人を諭す立場である僧侶によるヘイト発言。

多くの人が憤りを覚えました。

 

ネットでは早くもヘイト発言をした僧侶の身元が特定されています。

 

スポンサーリンク

 

ヘイト発言をした高野山金剛峯寺の僧侶は誰?

ネット上では、問題発言をした僧侶は、

安田空源さんであるとされています。

 

安田空源がツイ垢消して証拠隠滅?

問題のあった『くるとん』というツイ垢はすでに削除されています。

これを受け、証拠隠滅との指摘も

問題発言がこちらです。

くるとん

「日本人にとって謝罪は『礼儀』」「韓国人にとって謝罪は『降伏』」

 

くるとん ツイ垢

「韓国人3人寄ればドクズかな」

ネット上の声

 

日韓関係が冷え込む中

多くの問題が起きていますが

政治と民族を一緒くたに扱われないことを願うばかりです。

スポンサーリンク